相模ハム

相模

ブランドイメージ

長い歴史の始まりです。

創業者である程島定次郎は若かりし頃、横浜・山下町のホテルに勤務していました。

外国人が肉類をたくさん食べることに驚き、これは日本でも将来、有望な事業になりそうだと考えました。大正13年(1924年)、当時別荘地であった辻堂の駅前に肉屋をオープンしたのが、相模ハム株式会社の長い歴史の始まりです。

ブランドイメージ

良い素材を選び、おいしさにこだわり抜いた末、たどり着いた技術と製法が今も受け継がれています。

昭和34年(1959年)、藤沢市に新工場を建設しました。屠殺場に併設していたため、当時から主原料である豚肉を見極める目を養い、相模ハムの基盤がここに出来上がりました。

昭和45年(1970年)、当時、魚肉等を混合したソーセージ・ウインナーが世間では主流となっていましたが、当社はおいしさにこだわり主原料に豚肉を使用した「純正ポークウインナー」「純正ポークソーセージ」を売り出したところ、これが大評判。現在に至るまで、着実に消費者にその品質が認められています。

昭和51年(1976年)には、本当に良い原料を選び、「手造りロースハム」を開発しました。当時は相当高価であるにもかかわらず爆発的ヒット商品となり、現在の「本麗ロースハム」へと受け継がれております。

―伝統の技と心を、本物志向のすべてのお客様へお届けいたします―

相模ハムの歴史は美味しさへの追求の歴史です。

お客様に最高の美味しさを届けたい・・

創業以来、変わらないその想いを形にするため、怠ることなく培ってきた伝統の技術・・

手間も、時間も惜しまない、お客様の「美味しい」のため・・

この想いのすべてを託しました

地元神奈川県産の豚肉だけを使用した、「逸品」

こだわりその1原料へのこだわり

わたしたちが育った相模の地で、良質な神奈川県産豚肉を選びました。
美味しさの秘密は「脂の旨み」にあります。
たとえばロースハムは脂の旨み、コクを引き出すために脂をあえて残し、とろけるような食感を実現しました。

こだわりその2製法へのこだわり

おいしさの追求には手間も時間も惜しみません。
原料肉を72時間ねかせ、しっとりまろやかな味に仕上げました。

こだわりその3味へのこだわり

ハム・ベーコン・ソーセージは、一番おいしい状態で食べていただくために、口当たりの良さにもこだわりました。また、ソーセージ・ウインナーはあらびきの食感、美味しさを追求しました。

写真はイメージです

私たちの技術、想いが詰まった「相模シリーズ」をぜひご賞味ください